強いストレスが長期間継続すると、自律神経がダメージを受けホルモンのバランスが崩れます。
そして、男性ホルモンが過剰に分泌されると、皮脂の分泌も過剰になります。
皮脂は肌の表面にもあり、埃や細菌から皮膚を守る働きがありますが、過剰に分泌されると、新陳代謝の低下やホルモンの影響で肌の表面が硬くなり、皮脂と汚れで毛穴が詰まってしまいます。
分泌される皮脂は出口がないために皮膚の下に蓄積され、そこにニキビの原因となるアクネ菌が繁殖します。
皮脂を餌として増殖し、炎症を引き起こします。
増殖するアクネ菌の寿命は短く、古いものから、すぐに死んでしまいますが、死骸やフンが溜り、さらに炎症を促進してしまいます。
ストレスから睡眠障害、便秘なども引き起こされ、身体の新陳代謝は低下し、肌の新陳代謝も阻害されます。
食生活も乱れ、過度の飲酒や、喫煙も加わると、活性酸素も過剰に生成されます。
通常は、体内に入ってきた細菌などを取り除く働きがありますが、過剰に発生すると、身体を酸化させ、ニキビの炎症を促進し、肌の細胞にも大きなダメージを与え、ニキビ跡のシミの原因ともなります。